無印のインデックスで『個別フォルダー風収納ケース』の作り方

個別フォルダー風収納の作り方

お仕事で商品を郵送したり、プライベートでお手紙を書いたり、不要品を売った時など、何かと ” 送る ” ことが多いです(*^^*)それぞれ分けて保管してしまっては、探すのが面倒なので、机の引き出しの中に「発送セット」を作りました。

発送する際に必要なあれこれをまとめて入れていますが、今回は収納する際に作った、『個別フォルダー風収納ケース』の作り方のご紹介です♪

個別フォルダーとは?

紙やPP(ポリプロピレン)などで出来た、書類を挟んで保管できる、ファイルのことです。インデックスが付いていて、ファイリングによく使われます。(他にカットフォルダや、持ち出しフォルダとも呼ばれます。)

個別フォルダー風収納ケースの作り方

準備するもの

作り方

① インデックスを必要なサイズに合わせてカットする

無印良品個別フォルダー風リメイク

 

左の穴のところは、適当に、真っ直ぐ切ります。下から21.5cmのところをカット。(ここは収納用品の横幅に合わせてカットしてください^^)

※ ☆が上になります。

無印良品個別フォルダー風リメイク

 

わたしは100均(ダイソーとセリアにありました♪)で購入した、こちらのクリアケースに合わせてカットしました!

② 両面テープを貼る

無印良品個別フォルダー風リメイク

 

左にあった穴の部分は捨てます。インデックスが付いている方の上下に、両面テープを貼ります。☆が付いている部分を上に持ってきました。

無印良品個別フォルダー風リメイク

 

左上に合わせて貼ります。

無印良品個別フォルダー風リメイク

 

裏から見るとこんな感じです。

③折れ線を入れる

無印良品個別フォルダー風リメイク

 

カッターで2本折り筋を入れます。
(裏まで切ってしまわないよう、ご注意ください^^)

上の線は、収納したい場所の高さに合わせて♩下は収納したい物の厚みを見て切るといいと思います。

無印良品個別フォルダー風リメイク

 

折り曲げるとこんな感じに♪これで完成です♡

完成

サイズを測るのに少々手間がかかりますが、手順自体はシンプルです。2セット分作ると、こちらの写真のようになります(*^^*)

無印良品個別フォルダー風リメイク

 

収納ケースの気になる中身は?

中に入れたものは、

  1. 仕事で必要なもの
  2. 宛名シール
  3. 便箋
  4. はがき
  5. 小さい封筒
  6. 発送伝票
  7. シール

です♪手前から順に、使用頻度の高いものから、入れています。ただ、まだ入れ替えの可能性があるので、見出しは付けていません^^ある程度確定してから、見出しにシールを貼る予定です(*^^*)

▼ 愛用品です♡

ガムテープや両面テープ、メジャーなども一緒に入れたので、かなり使いやすくなりました!!大きな封筒やクリアポケットは入らないので、とりあえず机の上の一時保管ボックスに(笑)

とっても簡単なので、作ってみてくださいね♡



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

15 − 5 =