私らしく生きる 考えること

面接時の話と雇用契約書の労働条件が違う

就職して働き始めましたが、入社当日に面接時と労働条件が違うことに気が付きました。フェイクを入れながらになりますが、お伝えしていきます。

仕事 労働条件 雇用契約書 違う

スポンサーリンク

面接時に言っていた労働条件

  • 1年目契約社員→以降正社員
  • 安いながらも給料安定
  • 保険関係充実
  • 女性キャリアアップ可能
  • 土日祝日休み
  • 残業ほぼなし
  • 車通勤可能

お給料は安いけれど、初めての職種だし仕方ないかなと思っていた部分です。良くも悪くも安定しているし、保険関係が充実しているので、この条件で働かせていただくことに。

 

面接時と違う、雇用契約書に記載されている労働条件

  • 面接時に言っていた給料から、−5万円
  • 土曜、祝日出勤
  • 残業あり
  • 入社時刻と退社時刻の差(そもそも労働時間が違う)

お〜い!全然話が違うじゃないか・・・(T ^ T)ただでさえ安いお給料が、−5万円って!笑

もう笑うしかありません。みんなどうやって、このお給料で生活しているんだろうか・・・?

 

聞き間違えるはずのない、採用担当の話

子供はまだ3歳で保育園に通っているため、土日祝休み・残業なしは絶対条件でした。たまの土曜出勤、たまの残業あり程度なら可能、というのも面接時に話ていました。

就職するにあたりこれが絶対条件ですから、もちろん聞き逃すわけもありませんし、これがクリアにならなければこの会社に就職もしていません。

お給料もそう。生活がかかっているわけですから、一言一句聞き逃しません。。

 

労働条件の違いに気付いた瞬間

入社当日。GW近いですからね、一応確認しましたら祝日は出勤であることが告げられました。そこで初めて、先に述べた通り色々なことが浮き彫りに。そして就業規則や雇用契約書をいただいて、確信。

面接の時や、直属の上司と電話でやり取りの際に、就業規則をいただけるよう話していましたが、そのときはもらえず、ここで初めてもらえました。え、確信犯?でも、前もってもらわず確認しなかった私ももちろん悪いです。

面接の担当者と、直属の上司が異なるため、多少の誤差はあっても仕方ないとは思いましたが、こうも違うのかと・・・(`・ω・´)

 

労働条件が違うときの対応

すぐに直属の上司に掛け合い、話をしました。一つ一つ順を追って説明していきました。話をよく聞いてくれる方で、「こちらが悪かったです、申し訳ない」の一点張り。

そして次の一言。

「面接の時にきちんと話しているものだと思った」
「ちゃんと確認しておけば良かった」

あ、二言でしたね。言い訳なんぞ聞きたくないわ。

結局労働時間は変えられず時間を変更し、土曜は出勤し、祝日は休ませてもらうことになりました。そしてたまに残業。お給料を変えることは難しいと思います。毎月赤字決定です(´∀`; )

 

労働条件が違う時、即時退職可能

(労働基準法第15条2項)
明示された労働条件が事実と相違している場合、労働者は即時に労働契約を解除することができます。

賃金や労働時間は、労働条件に含まれます。つまり、即時退職可能。

 

猶予は今週いっぱい

未だ検討中です。決められない・・・(T ^ T)

入社したてでなおかつ未経験なので、仕方のないことだとは思っているのですが。贅沢な悩みだというのもわかってはいるのですが。。なぜこんなにも働く時間が多いのに、こんなに給料が少ないのかが疑問で仕方ありません(笑)個人経営をしていたから、余計に思うのだと思います。

今週いっぱい猶予をいただいています。辞めるか辞めないか。仕事内容はとにかく好きで、すでに重要な案件も任せていただいています。(やっぱり確信犯?)

お給料と労働時間を除けば、最高にいい職場だなぁと思います。

また就職活動をするのか。この職場で、色々な経験をさせていただくのか。土曜日出勤ということは、副業は難しい。やっていけるのか。。。

続けたいけれど、現実を考えるとどうだろう。もう少し考えます(T ^ T)

スポンサーリンク

-私らしく生きる, 考えること