お金のこと 暮らし

づんの家計簿から、袋分け家計簿へ

仕事が忙しくなり、づんの家計簿をつけられなくなったことから、袋分け家計簿へ変えました。

家計簿自体をやめるという選択肢ももちろんありました。

づんの家計簿をつけられない期間は何もしていませんでしたが、貯金もできませんでした(笑)日々の支出はざっくりとでも、把握していたいんですよね。

スポンサーリンク

袋分けの項目

袋分け 家計簿 クリアファイル シールファイル づん

  • 支払・・・1week〜5week、クレジットカード、保育園、水道、車、医療費、予備
  • 貯金・・・学資保険、子供貯金、家貯金
  • 積立・・・グアム、ディズニー、特別費

まだこの項目は試験的に行っている状況なので、付箋を貼っています。順番も適当(笑)

1週間5000円で計算しています。食費や日用品費などのやりくり費。もうすでに今週はオーバーしていますが・・・(´∀`; )

そんな時のために、予備費を設定。

クレジットカードには小見出しもつけています。
└ 回線系(ネット、携帯、固定電話、ADOBEなど)、水←いわゆる毎月かかる固定費です。

グアムは再来年行きたいので、積立中です。ディズニーは娘が行きたがるので始めました^^少しずつ貯まっていく様子に、モチベーションがあがります!

 

袋分けしないもの

家賃、駐車場代、ガス灯油代などは、お給料が振り込まれた口座からそのまま引き落としされるので、分けていません。

家賃と駐車場代は固定ですし、ガス灯油は年間通して平均1万円というのがわかっているので、毎月1万円を残しています。

 

袋分けの流れ

毎月25日にお給料が振り込まれます。我が家ではそれだけでは生活できないので、副業もやっているわけですが、その月に稼いだ分を翌月使うという流れになっています。

6月25日給料+6月分の副業売上=7月1日〜31日使用

月末にお金をおろし、袋分け作業を行います。

1week*毎月1日〜6日
2week*毎月7日〜12日


週の始めに、お金をお財布へ!(念のためお財布にも、予備費1万円を入れています←会社で立て替えることがあるため)

余ったお金は貯金しています。

 

袋分けのメリット

★簡単!月末にお金をおろしてきて、ちょちょいっとわけるだけ。それも予算はだいたい決めてあるので、それにそって入れるだけ。(フォーマットでき次第アップします♪)

★使えるお金は全てこの中にあるという安心感。言ってしまえば、この支払いの中に入っているお金は使って大丈夫なお金。そのように計算して入れています。

★お金のありがたみを感じる。最初はたくさんあるように見える(笑)お金も、月末に向かうにつれ、すくな〜く、さみし〜くなっていきます。いただいたお金を、見える化しているからですね。大事に使おうという気に、今まで以上になっている気がします。

★銀行に行くのは1度だけ!月末のお給料あとに銀行に行くのみ。なので、余計な手数料など取られる心配がありません。

 

スポンサーリンク

-お金のこと, 暮らし